東京都 八王子市 別所 歯科医院 歯医者 アイ デンタルクリニック 小児歯科

小児歯科

5月

      1 2 3 4 5
午前    
午後    
  6 7 8 9 10 11 12
午前
午後
  13 14 15 16 17 18 19
午前
午後
  20 21 22 23 24 25 26
午前
午後
  27 28 29 30 31    
午前    
午後    

6月

            1 2
午前          
午後          
  3 4 5 6 7 8 9
午前
午後
  10 11 12 13 14 15 16
午前
午後
  17 18 19 20 21 22 23
午前
午後
  24 25 26 27 28 29 30
午前
午後

△=10:00~14:00
「*」は特診日となります。
診療、受付業務は行っておりませんのでご了承ください。

学会、講習会等への参加などにより診療日・診療時間が変更になる場合がございますので、ご確認くださいますようお願いいたします。

お子さんの歯科治療

小児歯科イメージ画像

まずはじめに、子供は大人の縮小版ではありません。
何故なら大人は既に生えている歯に対する治療や予防処置が主ですが、小児歯科はお子様の成長ステージに合わせたアプローチが必要となってくるからです。
当院ではお子さんの虫歯の治療や予防はもちろん、成長・発育に合わせたお口の管理を行っております。また、歯列不正にならないかアゴの骨の発育も常に確認しております。
実際の治療では、お子さんとのコミュニケーションを密に取り、よほどの緊急性が無い限り無理に治療を行う事はございません。
当院に十分と慣れて頂いてから、実際の治療を進めてまいります。
また、虫歯予防に効果のあるフッ素塗布やシーラントなどお気軽にご相談下さい。

お子さんの虫歯治療

フッ素塗布

フッ素塗布イメージ画像

歯質を強くしてむし歯に対する抵抗性を高めることのできるものは、現在のところフッ素だけしか分かってません。 むし歯を予防するうえでのフッ素の作用は次のものがあります。

  • 1. フッ素がエナメル質(歯の表面の層)にふれると、エナメル質の結晶が硬く強いものに変化し、むし歯の原因菌に対する抵抗性が高くなります。
    虫歯になりかかった部分には、フッ素が取り込まれ易く、その部分を修復する現象(再石灰化)を促し、むし歯の進行をおさえます。
  • 2. フッ素の作用は歯に対するものが主体ですが、口の中の環境にも作用します。
    むし歯は、むし歯の原因菌のつくり出す酸によって発生しますが、フッ素はその酸をつくり出す原因菌の働きも弱めます。
    以上のフッ素の働きにより、歯はむし歯になることから守られます。

シーラント

シーラントイメージ画像

シーラントとは、奥歯の溝を薄いフッ素入りのプラスチックで塞ぐむし歯予防法です。
奥歯の溝は複雑な形をしているので、歯ブラシの毛先が入らず、そのために毎日歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。